牧師として立てられる恵みに与り   広木 愛

神様の導きと、大井バプテスト教会の皆様の祈りと大きな決断によって、四月から牧師として立てられる恵みに与っていることを、十字架と復活の主に感謝します。昨年の五月と夏に大井教会の皆様とお会いしたときには、まさかこのような出会いが用意されているとは思っておりませんでした。礼拝堂建築を前にもう一人の牧師をと、祈りと重い責任をお一人おひとりが持って決断された大井教会の神様への信頼を受けて、「私もその共同体に加えていただきたい。そして、共にキリストの体なる教会をつくり続ける群れとして大井教会の皆様と共に歩んでいきたい」という思いが与えられました。

大井教会の第二礼拝に初めて出席したときの交読文が、大学院の二年間私が支えられたみ言葉である詩編130編と同じだったので、主が素敵な出会いを備えてくださったと思っておりました。その後、招聘のお話を頂いたとき、大井教会で私が一体何ができるのだろうかと思い、とても悩んでおりました。しかし、イザヤ書41章9-10節のみ言葉「わたしはあなたを固くとらえ/地の果て、その隅々から呼び出して言った。あなたはわたしの僕/わたしはあなたを選び、決して見捨てない。恐れることはない、わたしはあなたと共にいる神。たじろぐな、わたしはあなたの神。勢いを与えてあなたを助け/わたしの救いの右の手であなたを支える」に押し出され、招聘のお話をお受けいたしました。

経験も学びもまだまだ足りない者ですが、大井教会の皆様の祈りと神様の赦しによって、牧師として立てていただけることを私に与えられている責任として、皆様と一緒に神さまに仕える歩みを進めて参ります。どうぞ、よろしくお願い致します。